看板の表示面の印刷方法について考えてみたー

のぼり&看板ショップのスタッフ~中島です!

突然ですが、看板の表示面って何で印刷したらいいんだろう?って考えたことありませんか?


ない・・・?


いや、そうおっしゃらず(笑)

本日は看板の印刷方法をクローズアップしていきます!


シンプルでかっこいいバリケードサイン

このおしゃれ看板、いたく気に入っております。

美しいブラックのフレームにブラックの板面、シンプルなフォルム、完璧すぎます。
デザイナー心をくすぐる優品だと思っております。

わたくし、ごくシンプルにホワイトの店舗ロゴと営業時間だけをそっと配置したおしゃれな看板にあこがれるばかりに、何かお店やりたい妄想がふくらんでます(笑)

この商品、販売ページにはインクジェット印刷のステッカーとカッティングステッカーの2通りの印刷方法が選べるようになっているのですが、こちらでほんのりご紹介させてください!


インクジェット印刷とは?


これは一般のご家庭にあるインクジェットプリンターと同じで、図柄を機械が自動で読み取って出力するものになります。

そのため、写真や複雑なパターン、カラフルなグラフィックに最適です。

当社ではこちらをステッカーシートに印刷して看板の表面に貼ります。

はい、ここがポイントです。

貼るので、比較的容易に剥がすことが可能です。

限定商品のご案内や、頻繁に変更する可能性がある場合は、インクジェット印刷がオススメです!


カッティングステッカーでつくる看板


こちらは単色のステッカーシートを機械で切り抜いて、文字や図柄だけを残すステッカーとなります。

単色のシートで作りますので、基本は1色のデザインとなります。


シンプルなデザインに最適です。

こちらも看板の板面に貼るタイプですので、インクジェットステッカーと同じく、剥がすことができます。

カッティングステッカーはホームセンター等でも販売されているので、器用な方ならセルフでカットして手作りもできますね♪

看板のスクリーン印刷


こちらは裏メニューになります(笑)

商品ページからはご注文いただけません。

端的に言いますと、スクリーン印刷は穴の空いたスクリーン版に直接インクをのせて転写を行う印刷技法になります。

版、要は「型」を作る必要があるため、ステッカーで作る場合と異なり、コストは高くなるのですが、塗料での印刷は雰囲気がありますし、耐久性が高いのでずっと大事にしたいお店の看板にはオススメです。

劣化してきた看板を見て「ずっとお店がんばって来たんだな・・・」って回想する妄想までしている中島でした!

ここまでお読みいただきいただきましてありがとうございました!

裏メニューもとい、スクリーン印刷をご希望の場合はお問合せください。
スタッフ一同お待ちしております。


https://www.daiei-group.co.jp/shopdetail/000000006998/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です